HSK6級に向けてやってること。

HSKが目的化した訳では勿論ないのですが、目下中国語力アップのためにHSK6級突破を目指して学習中です。
学習スタイルが定着してきたのでここにメモしておきたいと思います。

〇月~金:学習時間40分程度/日
・听力考试の問題文に載っている単語の意味を調べる(20分位。10単語余り調べられます)
・书写考试(20分位)
 本番は10分で読んで35分で要約するのですが、初めてやった時に全く出来ず泣きそうになったので、本文を3つに分け、それぞれ3分で読んで10分で要約する訓練をしています。
(・語学教室では先生から书写の添削を受けてます。後の時間はひたすら会話練習)

〇土日:学習時間2時間程度/日
・听力考试の問題文に載っている単語の意味を調べる(1時間位で20単語余り)
・书写考试(1時間位)
 挑戦した問題の単語チェックを併せてやってます。特に全然分からなかった文は(悔しいので)念入りにやってます。

6級の学習を始めてまず感じたのは語彙力が全然足りなかったこと。
現状の語彙力ではいずれの問題もクリアできそうになかったので、まずは語彙力を高めることから始めました。

听力については粗方問題に出ている単語をさらえてきたので、また最初から最後まで問題に挑戦しておこうと思います。
书写については文章を分けての要約に慣れてきたので、そろそろ全文の要約に挑戦したいところ(少し短く9分読む・30分要約で出来たらベスト)。
读阅はどうしても後回しになってしまう...(全然手をつけないまま本番を迎えてしまう可能性大)
他の問題の訓練で語彙力を底上げしておくしかない(读阅 50分で50問、つまり1分で1問。鬼か)。

大事なのはとにかくアウトプット。書いて、話して、定着させること。
まだ試験まで時間はあるので、引き続き学習。

この記事へのコメント